結婚の最近のブログ記事

多くのモデルが「ファッションを上品に着こなすコツは、控えめに装うこと」だと言います。

そうすれば、服そのものが素敵に見えて他人とは一味違う服装ができる、というわけです。

そしてもう一点、モデルと結婚されたい場合に覚えておきたいことがあります。

それは、服がフィットするかどうかを見極めることが、おしゃれな装いの鍵になるということ。

自分にぴったりのパンツの丈はどれくらいで、ジャケットは羽織ったらどんなふうになるかを知っておくべきです。

モデルの世界では、「クラシックな服装」はファッションの支柱です。

モデルにいつもおしゃれでいさせてくれます。

クラシックな服装を好む女性は、ファッションショーで見かけるような一風変わった服装はしていませんし、雑誌の最新号に書かれているファッションの論評にも従わないでしょう。

ファッションショーや雑誌などで見かける服装は、ファッションやスタイルに対する興味を刺激してくれるという点で大事なのです。

そういった服装は、私たちにアイデアを与えてくれますし、芸術が論じられるのと同じように論じられるべきものなのです。

でも、ファッション雑誌に書かれていること全てが、読者に文字通りに受け止められるよう意図して書かれているわけではないのです。


モデル 結婚

モデルが結婚式に来ていく服

結婚式に着ていくドレスに限らず、モデルの服はやっぱり自分自身を素敵に見せてくれるものがいいに決まってますよね。

だけど、結婚式に出席するための服を選ぶ時に注意することは、自分が着たい服と、自分に似合う服が必ずしも一致しないことを分かったうえで選ぶこと。

また、サイズの問題もあります。

大きめのサイズの方が着ていてラクなんだけど、ワンサイズ小さい物を着たほうが、体のラインが出てて、痩せて見えるとか。

今回みたいに、何かイベントがあるのなら、思い切って小さめでもきれいに見える服を買って挑戦してみましょう。

そして、ウエスト部分がきつい服なら、ウエストシエイプに重点をおいたエクササイズをしてみるとか。

「選んだ服を美しく着ること」と具体的な目標を立てると、ヤル気も出るし、その目標をクリアして、かっこよくそのドレスを着こなせた時は、きっといつも以上にうれしいはず。

では、衣装の選定はどうでしょう。

確かに、モデルたちの間では流行っているプランドはあるけれど、これと限定するのは難しい。

もちろん人それぞれ好みの問題はありますが、ほとんどのモデルの子たちに共通して言えるのは、彼女たちは「自分の体のバランス」を知っていること。

だから、自分の体型に似合う服の形を見分けて、選ぶことができるのです。

また、ボトムスは、腰が張って見えないように、ローライズパンツを選びます。

また、パンツに付いている後ろポケットの位置が高めだと、お尻が小さく見えるので、後ろ姿にも気をつけて洋服を選ぶといいでしょう。

モデル 結婚

結婚祝い

結婚祝いは、家庭用の実用品か、装飾品を一点選び、双方の名前を並べて書いて、男性の家に届ける方法もありますが、ふたりに別々に贈るのが一般的でしょう。

お祝いの品は、男性に洋食器、女性にナイフとフォークなど、結婚後いっしょに使える品とか、金額は同じ程度にして、それぞれアクセサリーなどを贈るのもスマートです。

贈り物返す容れ物にはおうつりは入れないをいただいたときは、品物が入っていた器やお盆に半紙や懐紙、マッチなどをつけて返すしきたりを「おうつり」といいます。

結婚祝いの品にかぎって、1度きりで2度ないようにとの縁起から、なにもつけないで返します。

丁重にお礼のことばを申し上げるだけで充分です。

デパート配送された祝い品には礼状を出すや店などから祝い品が配送されてきて、直接、先方にお礼がいえないときは、忘れずに、すぐお礼状を出します。

結婚祝いの品は、結納飾りの前に並べておきますが、いただき先を混乱しないように、誰から、どんな品がきたかをメモし、記録しておきます。

で、あとでお返しをする折の参考資料とします。

モデルとの結婚

結婚式場を決めたら・・・

結婚式場の下見をしたら、できるだけ早く予約をします。

その日に返事をしないといけないということはありませんが、一両日中くらいにはした方がよいでしよう。

参列者の人数、料理などは後で決めてもよいのですから、人気のある式場ほど、早く予約がうまってしまいます。

予約にあたっては予約金が必要です。

だいたい3万円くらいですが、式場にもよりますし、また披露宴の規模によっても変わることがあります。

10万円のこともあれば、総費用の何%ということもあります。

キャンセルは普通2か月くらい前までは無料ですが、そうでないこともあります。

予約のときによく確認しておくことです。

費用については、1週間前までに全額を支払い、式終了後に当日急きょかかった費用を精算するというケースが多いようです。

予算を立てる挙式・披露宴の予算を立てるには、まず、結婚全体の予算を立てなければなりません。

とくに披露宴の時間延長については、多少許されるのか、延長料金を取られるのか、あるいはまったくあり得ないのか、など確認します。

モデル 結婚

結婚式場選びのコツ

今日は、結婚式場選びのコツについて、お話したいと思います。

結婚するにあたって、式場・披露宴について頭のなかでだいたいの見当をつけたら、具体的にどこにするかを決めていきます。

数ある結婚式場、披露宴会場をいちいち見て歩いていては時間がいくらあっても足りませんから、まず、雑誌や電話帳で調べ、電話をしてパンフレットを送ってもらいます。

デパートのなかなどにあるブライダルセンターなどを利用するのもよいでしょう。

たくさんの会場のパンフレットや、実際の挙式・披露宴の写真なども見せてもらえますし、予算の見積もりも出してくれます。

自分たちの条件ー挙式形式、披露宴形式、招待客の人数などを考慮して絞り込んでいきます。

遠方からの参列者が多い場合などは、宿泊設備も考慮しないといけないでしょう。

また、挙式は自分が所属している教会などで挙げるとして、披露宴会場だけを別にさがす場合は、参列者の移動を考えて、教会とできるだけ近いところを選んだ方がよいでしょう。

絞り込む際に最もよいのは、そこで結婚式を挙げた人に話を聞くことです。

友人関係などのネットワークをおおいに利用して、情報を収集します。

最終的に候補を二、三か所に絞り込んだら、実際に足を運んで検討をします。

モデル 結婚

みなさんは「あげまん」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは、結婚した男性に出世や幸運をもたらしたり、彼の運気を上昇させたりする女性を指す言葉で、語源的には「間11運気やめぐり合わせ」を上げる女性、ということになります。

さて、たしかに「あげまん」と呼ぶべき女性はいます。

彼女たちは、女優のように美人でもなく、特別お金持ちでもない、ごく普通の女性たちです。

では、彼女たちは、ほかの女性と何が違うのでしょうか?

答えは簡単です。

彼女たちは、いい男を「育てる」能力があったのです。

あなたの理想にぴったりの男性と結婚してからも、結婚相手を「育てる」ことは大切です。

どんなにいいタネも、水をあげなければ枯れてしまいます。

男も愛も育てるもの。

「いい男いないかな」という、相手まかせの恋愛は卒業しましょう。

また、わたしたちは恋に落ちる感情をコントロールすることはできません。

ですから、まだまだ「理想の男性」と呼べないような男性と恋に落ちてしまうことだってあるでしょう。

それだったら、いっそのこと彼をあなただけの「運命の人」に育てていけばいいのです。

男性は、「永遠の子ども」です。

いくつになっても成長できますし、いくつになろうと完全な「大人」になることはありません。

いかにも落ち着いた老人であっても、囲碁や将棋などのゲームに夢中になっています。

よく覚えておいてください。

男性は、たとえあなたより年上であっても「子ども」です。

あなたがその気になれば、男を育てるなんて簡単なことなのです。





家庭生活が円満にいく結婚相手


スーパーで買ってきた総菜でも、あなたがつくったと錯覚するくらいですから、家庭も円満にいくものです。

「文句男」か「ほめ男」か会話でわかる男の値打ち

たとえば、まずい食事だったとします。

「これは味が悪いねえ。

ちっともうまくないじゃないか」「そうねえ。

損しちゃったわね」こんな会話をしたとしましょう。

これで食事の話が終わったとすると、問題が二つ残るのです。

一つは、どこが味が悪かったのかをよく聞いておかないと、結婚してから困ることになります。

二つには"ちっともうまくない"といっているだけの男では、はたして結婚後、いい夫になれるかという疑問です。

会話には必ず形容詞が入ります。

"おいしい""美しい""すばらしい""おもしろい"な

ど、日常的に使われますが、どこがすばらしいのかを知っておかないと、お互いの価値観がわかりません。

できれば、ここを確かめておくことです。

もう一つはもっと重大ですが"うまくない"とか"おもしろくない"といっているだけの男では、たんに文句の多い夫になってしまうということなのです。

それより、「今度、うまいレストランに案内するよ。そこなら最高の味だ」といって、どんな味が自分の好みなのかを、女性に教えるような男でないと、いい夫にはなれません。

 

 

結婚式や披露宴に招待を受けているのに、どうしても都合がつかず、出席できないーそんなとき、つい言葉を濁して、「忙しくて出席できません」と返事をしてしまいそうですが、「多忙」を理由に欠席するのは、失礼にあたります。

欠席の理由が仕事や出産ならば、「出張中なので」「出産が間近なので」など、具体的に理由を伝えます。

ほかの披露宴と重なってしまったときは、「あいにく先約がありまして」と正直に書きます。

仏事などの場合は、「どうしても都合がつかないので」とだけ書きます。

欠席する場合のお祝いの方法は、自由です。

お祝い金を贈る場合は、祝儀袋を現金書留用の封筒に入れ、「おめでとう」のメツセージを同封します。

お祝いの品を...という場合も、「お祝いに○○をお送りしました」
という内容の手紙やハガキを別送します。

どちらも、できれば挙式の1週間前くらいまでに届くように送ります。

式当日、披露宴会場へ祝電を打つだけでも、祝福の気持ちは伝わります。

この場合、宛名は本人とし、新婦宛の場合は旧姓にします。

披露宴に招かれなかつたけれど.お祝いをしたいときは?会社の先輩や趣味のサークルの友人など、よく知っている人でも、人数の関係などで式や披露宴に招待されないことがあります。

「呼ばれなかったのにお祝いをしたら、差し出がましいのでは...」と考えてしまうかもしれませんが、その心配は無用です。

たとえ招待されていなくても、祝福の気持ちを表したいときは、お祝い金やお祝い品を贈りましょう。

ただし、結婚式の前に持参したり、郵送したりするのは控えます。

「お呼びしなかったのに...」と、相手に気を遣わせてしまうからです。

式や披露宴に呼ばれなかった場合のお祝い金は、先輩や友人・知人、親戚なら1万円が相場でしょう。

品物を贈る場合は、あまり高価な物を贈ると相手の負担になってしまうので、ちょっとした記念品にします。

何人かでまとまって贈る場合は、あらかじめ希望の品を聞いておくと喜ばれます。

いずれの場合も、式後1週間くらい、あるいは新婚旅行から帰ってきた頃に届くようにするといいでしょう。


挙式をすませ、新婚旅行から帰ってきたら、ふつうは、まず双方の両親と仲人の家へあいさつに行きます。

このとき、旅行のおみやげなどを持参すればいいと思います。

結婚カウンセラーの加藤大升氏によると、結婚式や披露宴に出席した方、お祝いや祝電をいただいた方へは、お礼のあいさつ状を出します。

その際、必ず直筆でひと言、お礼の言葉を書き添えてください。

特にお返しの品などを送る必要はありません。

また、式当日、司会や受付などで特にお世話になった方には、旅行のおみやげ一などを持参し、ごあいさつに行くように一するといいでしょう。


結婚すべき男性とは

結婚してもいいかな?とチラッと思うほど、ステキな彼。

どこといって欠点はないし、いい家庭生活がつくれそう......などと夢見心地でレストランへ。

そこで彼はうんちくを傾けて、この味は薄い、濃すぎる、この煮物はまだふっくらと煮こんでない、このコーヒーは......。

しかし"ステキ"という印象があるだけに、「なんて料理にくわしい人なのかしら。さすがにインテリという感じがするわ」とすべてがよく見えてしまいます。

ところが、これで結婚すると、朝から晩まで、味にいちいち文句をつける夫に変身しかねません。

「おふくろの味は、もっとちがうんだよ。一度教わってきたらどうだい」などと、嫌味たらしい言葉をいうかもしれません。

外食の味に慣れている男は、どうしても家庭の味になじめません。

それに若いうちから舌が肥えてしまうと、家庭の材料自体がレストランのそれより劣っているわけですから、どうしても受けつけなくなってしまうのです。

毎日つくらなければならない料理だけに、この味に文句をつけるような男とは、ぜったい結婚すべきではないのです。

何を食べさせても、「やあ、キミのつくったものはうまいな」という夫のほうが、結局は得です。

 

 

結婚相手の適正

自分の欠点は何なのか、性格的に分析しておかないと、進路を誤ってしまうものですが、実はそういう男性は意外に多いものです。

あなたは、それを思い切って忠告してみたほうがいいでしょう。

それに対して彼が、どう反応するか確かめることです。

すぐ忠告を受け入れるか、あるいは受け入れないまでも、自分の欠点を知っていれば大丈夫ですが、笑い飛ばすような男性は危険です。

こういう男性は結婚してから、いいところを自分の妻に見せようと、失敗を重ねることもありえます。

そこでふだんから、長所はほめておき、欠点の部分は、顔をしかめておくことです。

すると男性は、"彼女は、オレのこういう点を好きなんだナ。この部分は評価していないようだ"と、知ることになります。

たとえばケンカっ早い男性がいるとします。

なにかにつけて、腕力を自慢するでしょうが、"私は腕力や暴力は絶対キライよ"という顔をしつづけることです。

一度でも、「カッコいい!」などといおうものなら、その欠点は直らなくなります。

腕力自慢でもケンカするのでなく、さっさと逃げるようになれば、結婚しても大丈夫です。

そういう男性は、とても賢くて、結婚した後もいざというときに頼りになります。

 

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち結婚カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはモデルの生活です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。