2011年12月アーカイブ

モデルにスカウトされたら

「モデルになりませんか」とスカウトマンに声をかけられても、絶対についていかないこと。

自分の電話番号も教えないこと。

しかし、名刺だけはもらってもいいです。

そのときに、声をかけた人の身なりをよく見てみましょう。

Gパン、茶髪、ピアスなどをしている男性ならば、モデルのスカウトマンではない。

本物のモデルのスカウトマンはきちんとした服装をしているのが基本なのです。

また、アルバイトでモデルをスカウトしている人はいないし、ありえないそうです。

だから、そのようなタイプの男性ならば、無許可のモデル事務所かアダルトビデオのスカウトマンである可能性が高いです。

そうとは知らずにノコノコついていって、とんでもないことにでもなってしまったら、あとから泣くような思いをするだけ。

原宿、渋谷、吉祥寺あたりにはこのようなスカウトマンがいっぱいいるから「スカウトされちゃったあ」と単純に喜ばないように。

最近の傾向では、スカウトされてモデルになる人は昔に比べれば、すこぶる少なくなっているからです。

興味のある人は、もらった名刺を見て大人の人に電話をかけてもらい、どんな事務所なのか確認してもらうのがよいでしょう。

モデル 結婚


結婚式場を決めたら・・・

結婚式場の下見をしたら、できるだけ早く予約をします。

その日に返事をしないといけないということはありませんが、一両日中くらいにはした方がよいでしよう。

参列者の人数、料理などは後で決めてもよいのですから、人気のある式場ほど、早く予約がうまってしまいます。

予約にあたっては予約金が必要です。

だいたい3万円くらいですが、式場にもよりますし、また披露宴の規模によっても変わることがあります。

10万円のこともあれば、総費用の何%ということもあります。

キャンセルは普通2か月くらい前までは無料ですが、そうでないこともあります。

予約のときによく確認しておくことです。

費用については、1週間前までに全額を支払い、式終了後に当日急きょかかった費用を精算するというケースが多いようです。

予算を立てる挙式・披露宴の予算を立てるには、まず、結婚全体の予算を立てなければなりません。

とくに披露宴の時間延長については、多少許されるのか、延長料金を取られるのか、あるいはまったくあり得ないのか、など確認します。

モデル 結婚

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。