モデルの生活の最近のブログ記事

モデルの厳しい生活

モデルの費用は、オーディション会場までの交通費、ファッション雑誌や新聞、映画鑑賞など、モデルに必要な情報を常に学んでおくための自己投資費用もばかになりません。

また、ひとり暮らしをするなら、その他にも住居費や食費などの生活費が、モデルの肩にさらに重くのしかかってきます。

こうしてみると、モデル業というのは収入の割に支出も多く、特に地方から出てきているモデルさんの場合、一人前になるまでは、かなり厳しい生活が強いられます。

生活でいちばん厳しいのは、仕事そのものよりも萩生活でしょう。

早朝から深夜まで、仕事によって時間帯もまちまちなら、一回の仕事にかかる時間も内容によって、2?3時間で終わることもあれば、CF撮影のように10時間以上かかることもあって、千差万別。

生活はどうしても不規則になりがちです。

モデルとして、ある一定のコンディションを保っためには、OLのように好きなときに、飲み会やカラオケを楽しんでいる余裕はありません。

特に、女性モデルは肌の状態やスタイルを厳しくチェックされますから、夜更かしはもちろんのこと、毎日の食事にだって気を配らなければなりません。

太りやすい体質であれば、甘いものもそうそう食べられないし、レストランに行っても、ステーキなんてもってのほか。

 

モデルの日常生活

オフの日は学生のモデルであれば、試験前の勉強をしたり、友達と遊びに出かけたり、などと一般の学生と変わらない生活を送っている。

モデルを専業にしている人は、普通のOLのように土日が休みという決まった休日もないけれど、まとまった休みが取れれば、気分転換に旅行に出かけるし、一日、二日の休みであれば、家にいてごろごろして体を休めているのが、普通のモデルの相場というところ。

たいていオフの日は、モデルは一日中すっびん顔でいるが普通。

仕事以外に絶対といっていいほど化粧をしない。

スタジオに入るときに素顔で来るくらい、素顔でいられる時間をできるだけ長くしているのだ。

なぜならばモデルは、肌が荒れてしまうのをいちばん恐れているからだ。

化粧ののりが悪くなれば、つぎの日の仕事にさしつかえてしまうし、ただでさえ、ライトやドライヤーの熱で髪の毛はボロボロ状態なのだから、モデルは顔と髪の手入れには人一倍の時間とお金をかけているのだ。

ボロボロになってしまう髪に、家に帰ってからシャンプーとトリートメントをするヘアケアを怠らない。

モデルの生活を知らない人が想像しているよりも、現実のモデルの生活は意外に地味である。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちモデルの生活カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはモデルの仕事です。

次のカテゴリは結婚です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。