結納をもっと簡略に・新居が決まると

■結納をもっと簡略に
結納品を飾っておくのは同じ。

「このたびはまことにおめでとうございます。行き届きませんが、本日のお二人の結納をお世話させていただきます」と口上を述べ、男性側が下げてきた結納品を預かり、女性側の結納品を預かる。

次に、「では略式でございますが、幾久しくお納めください」とそれぞれの前に結納品を置く。

それから、それぞれの結納品を、床の間か上座に飾り、それぞれが用意してきた受書を取り次いで、結びの口上とする。


■新居が決まると
新婦の荷物を送ることになる。

ほとんどの場合、新郎新婦の都合のよい日に運ばれ、新しい家具調度などは、デパートなどから直接発送することが多く、仲人が立ち会うことは少ない。

しかし、昔からのしきたりどおりに荷物送りを行う場合には、仲人に立ち会いの依頼がくる。

仲人は当日、新居で待機し、荷物が届くのを待つ。

荷物には新婦側から依頼された荷宰領が付き添ってくる。

荷が届いたら、「まことにご苦労様でございます」と荷宰領にあいさつし、荷物目録と荷物を照合、確認し、新郎側が用意した荷受書を荷宰領に渡し、そののち祝いの席に臨む。

荷受書を渡すときは、「確かにお預かりいたしました。先様へどうぞよろしくお伝えください」とあいさつをする。


ウェブページ

Powered by Movable Type 5.04

このブログ記事について

このページは、-が2018年8月 1日 12:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「当事者と両家の両親、仲人がいずれかの自宅に集まって、結納を交わす場合」です。

次のブログ記事は「婚約の形式」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。