2017年3月アーカイブ

仲人への礼儀・求婚について

◆特に仲人は、その後の進展ぐあいを気にかけているわけですから、どの程度の交際になっているか、近況報告するのが礼儀です。

ことこまかに話す必要はありませんが、率直な感想をまじえて、その後のなりゆきを大ざっぱに報告しておきます。

報告は電話、手紙、訪問いずれでもかまいません。

訪問して直接話す場合は、かならず前もって仲人の都合を問い合わせてからにします。

◆求婚は直接本人にしてもかまわない
交際期間を経て、お互いに好意を寄せ合うようになった場合は、男性が直接女性にプロポーズしても失礼にはなりません。

むしろ、わざわざ仲人を通して求婚するより自然のなり行きといえるでしょう。

仲人には相手が同意し、お互いの結婚の意志を確認してから報告し、以後の結納、婚約の段取りを依頼すればいいわけです。

交際したが、相手の気持ちがはっきりとつかめないような場合でも、勇気を出して直接申し込んでかまわないのですが、断わられた場合のことを考えて躊躇するようなら、仲人を通して相手の気持ちを打診してもらうようにします。

また、女性のほうで結婚を望み、相手の男性からいつまでもプロポーズがなくて、気持ちをつかみかねているような場合、いくら時代が変わったとはいえ、なかなか自分のほうからはいい出しにくいものです。

こんな場合は親から仲人にこちらの気持ちを伝えて、先方の意向を問い合わせてもらうといいでしょう。

家族や仲介人とのつきあい

◆本人同士だけでなく家族ともつき合う
この時期の交際は、いつもふたりだけというのではなく、ときにはお互いの家庭に招いたり、招かれたりして、家族との交流を試みることもたいせつです。

家庭の雰囲気を知ることは、本人を理解するうえでかなり参考になります。

相手の家族との接し方は、あくまでもていねいに礼儀正しくあるべきです。

本人同士が親しくなっていても、両親、兄弟にとってはまだ結婚相手ときまったわけでもなく、どうなるかわからないような扱いにくい対象であることをわきまえておかなければなりません。

招かれていないときに不意に訪問したり、招かれたときでも、長居やなれなれしい言動をするのは禁物です。

また、相手の家で頼まれもしないのに、台所にズカズカとはいりこんで手伝ったり、話しかけたりといった、さしでがましい態度もつつしみます。

相手の家族との交流は、より深く知り合うためのものであって、自分を売りこむためではないと心得ておくべきでしょう。

服装、身だしなみ、言葉づかいなども、本人同士以上に、こまやかな配慮があって当然といえます。

◆仲人にはときどき中間報告をする
本人とその家族との交流が深まるにつれ、自分の気持ちも、次第にある形を整えてくるものと思われます。

結婚のことに思いをめぐらし、毎日自分のことで精いっぱいで、周囲のことを考える気持ちの余裕がないかもしれません。

しかし、心配してくれている家族や、世話してくれた仲人への心づかいを忘れるようでは困ります。



このアーカイブについて

このページには、2017年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年2月です。

次のアーカイブは2017年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。