2015年6月アーカイブ

色が与えるイメージ

色が人に与えるイメージは大きい。

好きな色で作られた服を着ることで、その人の性格までもわかるという。

いくつかの例を紹介してみよう。

白を好む人は、気高く、理想が高い。

そして、常に完壁を好み、清潔好きで、淋しがり屋である。

黒を好む人は、積極的で行動力がある。

そして明るさに欠けた性格で、率直さに欠けるともいわれる。

また、黒の色は悲しみの色、神秘的な色、個性的に見せる色である。

そのため、自分を個性的に見せたいと思う人には、もっとも好まれる色である。

赤を好む人は、外向的で衝動的である。

また、野心的で楽天的な性格である。

茶を好む人は、堅実な人で、はにかみ屋である。

温かい、安定した心の持ち主が多い。

青を好む人は、自制心があって、保守的で義務感の強い人といわれる。

感性にすぐれ、仕事に

対してきびしい。

緑を好む人は、争いごとをせず平和を好む性格である。

控え目で、辛抱強い。

ピンクを好む人は愛情や感情にこまやかで、よく気配りする性格である。

人を傷つけることなく、だれに対しても寛容に接する性格である。

他人を傷つけることはしないが、自分自身は傷つきやすいデリケートな人である。

もっともチャーミングでかわいらしく見える色である。

このアーカイブについて

このページには、2015年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年5月です。

次のアーカイブは2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。