2013年4月アーカイブ

気品のあるモデルは足音が静か

おしゃれな場所は、床が音響のいい大理石やウッドでできています。

気品のあるモデルは、そういうところでも足音を響かせません。

気品のないモデルは、足音がすごく目立ちます。

ホテルのロビーは、石づくりのところが多くなっています。

そこでカンカンと歩くのは、そういうところに来慣れてない人です。

ダンスでも、上手な人は足音が聞こえません。

足音を立てないで優雅に歩けるかどうかは、ライフスタイルの差があらわれるところです。

足音を立てないモデルは、きれいな歩き方をしています。

たまにそういうところに来た人は、足音を立てることで、おしゃれな場所に来た実感を味わおうとしています。

でも、来慣れている人は、そんなところで力まないし、ほかの人に迷惑をかけません。

存在感のない人ほど、大きな足音で自己アピールするのです。

声の大きいオヤジと一緒です。

存在感のあるモデルはすでにオーラがあるから、音なんか出しません。

モデルとの結婚を希望されるのであれば、足音を静かにすることです。

足音を消してホテルのロビーを歩く練習をしてみるといいでしょう。

高級なブティックは、床が板張りです。

足音を消せる人は、いいお客様としてサービスするという、見きわめのテストになっているのです。

モデル 結婚

パーティーでは、つい入り口に人が固まって、奥がガラガラという状態になりがちです。

パーティー慣れしていない人は、「どうぞ奥のほうへ」と言われても、「けっこうです」と言って、なかなか奥へ行きません。

謙虚に遠慮したつもりですが、それは迷惑な話です。

一流のモデルは、自分でパーティーを主催する経験を持っています。

お客様にどう動いてもらうとシングルのためのパーティーが一番盛り上がるか、わかっています。

自分がお客様で行ったときも、主催者に協力できる形を知っています。

主催者側が最も困るのは、入り口に固まられることです。

後から来るお客様も入れないし、部屋の中の密度がバラバラになってしまいます。

気品のある人は、あいた空間を埋めるように動きます。

自分がそこに行くと、ほかの人もそのスペースに来やすくなります。

誰もいないところと、人が固まっているところがあっては、パーティーは盛り上がりません。とくにシングルが集まる婚活パーティーはそうです。

一流のモデルが集まるパーティーは、一カ所に人が集まっていることはありえません。

それは来るお客様の心づかいが違うのです。

一流のモデルとの結婚を希望されるなら、パーティーでの身のこなし術もマスターしておくと、とても役に立ちます。




このアーカイブについて

このページには、2013年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年3月です。

次のアーカイブは2013年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。