2013年3月アーカイブ

多くのモデルが「ファッションを上品に着こなすコツは、控えめに装うこと」だと言います。

そうすれば、服そのものが素敵に見えて他人とは一味違う服装ができる、というわけです。

そしてもう一点、モデルと結婚されたい場合に覚えておきたいことがあります。

それは、服がフィットするかどうかを見極めることが、おしゃれな装いの鍵になるということ。

自分にぴったりのパンツの丈はどれくらいで、ジャケットは羽織ったらどんなふうになるかを知っておくべきです。

モデルの世界では、「クラシックな服装」はファッションの支柱です。

モデルにいつもおしゃれでいさせてくれます。

クラシックな服装を好む女性は、ファッションショーで見かけるような一風変わった服装はしていませんし、雑誌の最新号に書かれているファッションの論評にも従わないでしょう。

ファッションショーや雑誌などで見かける服装は、ファッションやスタイルに対する興味を刺激してくれるという点で大事なのです。

そういった服装は、私たちにアイデアを与えてくれますし、芸術が論じられるのと同じように論じられるべきものなのです。

でも、ファッション雑誌に書かれていること全てが、読者に文字通りに受け止められるよう意図して書かれているわけではないのです。


モデル 結婚

モデルさんとお付き合いをするにあたっては、「流行とおしゃれは別物である」ということを知っておかなくてはなりません。

今世紀にはやったあらゆるファッションを身につけても、ちっともおしゃれじゃないこともあります。

逆に、流行の移り変わりをあざけりながらも、おしゃれで品のよい服装の草分け的存在でいることもできます。

流行は刻々と変化するので、それを真剣に受けとめなくてもいいのです。

流行を真剣に受けとめはじめたら、流行のとりこになっていることの表れです。

おしゃれなモデルさんの大部分は、流行にとらわれることはありません。

皆さんもそれを見習いましょう。

流行なんてそんなに大げさなものじゃないし、今までも大げさなものだったことなんてないのです。

おしゃれなモデルは、流行をうまくとりいれて冒険することをおそれません。

彼女たちは、一点の洋服をデザイナーが決して意図しなかったような流儀で着こなします。

例えば、クラシックなパンツスーツ(アルマー二など)と、旅行先で買ったカジュアルなTシャツを組み合わせて着るのです。

モデルが意識するのはトレードマーク。トレードマークとは、「ステキな黒のジャケットをいつも着る」といったような単純なことです。

シックに見えて、ドレスアップするのにもカジュアルに着るのにも使える茶のスエードのパンツが、トレードマークになるかもしれません。


このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。