2012年1月アーカイブ

モデルへの道

モデルの事務所では、オーディションに受かった後、親への調査を行います。

未成年者の場合は当然親と会い、双方の意見が一致してはじめて契約を結びます。

親の容姿をチェックされることもあります。

なぜならば、親が太っていると将来その子も同じような体型になる可能性があるからです。

モデル事務所に入社すると、3カ月間は週2回のウォーキングとモデルに必要な知識とマナーのレッスン、メイクの集中レッスン、カメラテストをしながら表情のレッスンなどが行われます。

一連の新人レッスンが終わると、卒業検定が待っています。

マネージャーたちの前で、レッスンの成果を披露するのです。

ここで合格できないと担当マネージャーも決まらないし、落ちた理由となったところを直す集中レッスンプログラムを個々に用意されます。

その人に合わせてモデルという商品を造り上げるための徹底的な独自のプログラムを組むときもあるそうです。

こういうレッスンは新人が当然受けなければならない必要不可欠なレッスンなのですが、プロモデルでも仕事の内容に応じて、研修という名称のプログラムを組んで個人的に受講します。

これらのレッスン料は、ギャラから引かれていくそうです。

モデルの結婚なら帝国ブライダルへ

モデルと医師の結婚

モデルの女性と、医師の男性が健全に依存しあう結婚は、たいへん理想的な結婚の状態とされています。

モデルと医師のカップルが最高の関係を築く秘訣、それは、両者がバランスをうまく保つことです。

理想的な恋愛は、一組の男女が、それぞれ精神的に自立しているにもかかわらず、深く愛しあって依存しあうことによって成立します。

モデルも、医者も、たいへんハードな仕事です。それぞれが自立したプロとしての顔を求められます。

二人はある程度依存しあいながら、自分の個人としてのアイデンティティーを保って成長しつづける自由を楽しみます。

そのような理想の関係に私たちはどれほど近づけるでしょうか?

人はみな、不完全な存在ですから、二人の関係も不完全なものになりやすいのです。

大切なのは、おたがいが成長せずにずっと同じままでいなければならないような関係であってはいけないということです。

もし私たちが個人として成長を止めるなら、私たちの関係も成長が止まるでしょう。

女性モデルと男性医師の二人が精神的に自立しながら依存しあうという関係はあくまでも理想ですが、目標にするだけの価値は十分にあります。

モデルと医師の結婚なら帝国ブライダルへ

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。