2011年9月アーカイブ

家庭生活が円満にいく結婚相手


スーパーで買ってきた総菜でも、あなたがつくったと錯覚するくらいですから、家庭も円満にいくものです。

「文句男」か「ほめ男」か会話でわかる男の値打ち

たとえば、まずい食事だったとします。

「これは味が悪いねえ。

ちっともうまくないじゃないか」「そうねえ。

損しちゃったわね」こんな会話をしたとしましょう。

これで食事の話が終わったとすると、問題が二つ残るのです。

一つは、どこが味が悪かったのかをよく聞いておかないと、結婚してから困ることになります。

二つには"ちっともうまくない"といっているだけの男では、はたして結婚後、いい夫になれるかという疑問です。

会話には必ず形容詞が入ります。

"おいしい""美しい""すばらしい""おもしろい"な

ど、日常的に使われますが、どこがすばらしいのかを知っておかないと、お互いの価値観がわかりません。

できれば、ここを確かめておくことです。

もう一つはもっと重大ですが"うまくない"とか"おもしろくない"といっているだけの男では、たんに文句の多い夫になってしまうということなのです。

それより、「今度、うまいレストランに案内するよ。そこなら最高の味だ」といって、どんな味が自分の好みなのかを、女性に教えるような男でないと、いい夫にはなれません。

 

 

モデルの厳しい生活

モデルの費用は、オーディション会場までの交通費、ファッション雑誌や新聞、映画鑑賞など、モデルに必要な情報を常に学んでおくための自己投資費用もばかになりません。

また、ひとり暮らしをするなら、その他にも住居費や食費などの生活費が、モデルの肩にさらに重くのしかかってきます。

こうしてみると、モデル業というのは収入の割に支出も多く、特に地方から出てきているモデルさんの場合、一人前になるまでは、かなり厳しい生活が強いられます。

生活でいちばん厳しいのは、仕事そのものよりも萩生活でしょう。

早朝から深夜まで、仕事によって時間帯もまちまちなら、一回の仕事にかかる時間も内容によって、2?3時間で終わることもあれば、CF撮影のように10時間以上かかることもあって、千差万別。

生活はどうしても不規則になりがちです。

モデルとして、ある一定のコンディションを保っためには、OLのように好きなときに、飲み会やカラオケを楽しんでいる余裕はありません。

特に、女性モデルは肌の状態やスタイルを厳しくチェックされますから、夜更かしはもちろんのこと、毎日の食事にだって気を配らなければなりません。

太りやすい体質であれば、甘いものもそうそう食べられないし、レストランに行っても、ステーキなんてもってのほか。

 

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。