2011年5月アーカイブ

キャンペンガールの選考方法

たった一人のキャンペーンガールを選ぶために、クライアントは一年という時間をかけて、億単位の費用を使っている。

なぜならば、キャンペーンガールの良し悪しに商品の売れ行きがかかっているのだから、クライアントも広告代理店も必死になって、かつ真剣にいいモデルを探しているのだ。

現在18業種の各企業が毎年キャンペーンガールを選出しているが、一般の公募はしていない。

その代わりに、大手広告代理店から全国にあるモデル事務所、芸能プロダクションにキャンペーンガールの募集要項を送っている。

そのため、どんなに小さなモデル事務所であっても、登録をしていないとオーディションの情報は入ってこないのだ。

なかには、地方の小さな名も知られていないような事務所から、これはと思うようなモデルも出現した例もある。

応募対象になるモデルの年齢は、30歳前後の女性が多い。

第一段階のキャスティングは、全国の事務所から推薦されてきた応募要項に記されたモデルの写真選考からはじまる。

その後面接が数回行われる。

イメージのいい娘を探している広告代理店のキャスティング・ディレクターは、女性向けのいろいろなところに顔が出るようになるPPファッション雑誌は毎号欠かさず目を通し、これはと思うモデルをチェックしている。


モデルの仕事?キャンペンガール

モデルたちがあこがれるのは、パリ・コレクションの出演だけでなく、キャンペーンガールになることもあります。

十年くらい前から、雑誌にも○○キャンペーンガールとグラビアでひんぱんに紹介されるようになったCMガールたちのことである。

キャンペーンガールになるとどのような魅力があるのかといえば、年間契約をスポンサーと結べること、ギャラが上がること、全国にポスターやCFで流れ顔が売れること、テレビに出られるチャンスが多くなること、将来タレントか女優になれるかもしれないこと、などなど、さまざまな可能性をもたらしてくれるビッグなタイトルなのだ。

古くは二〇年くらい前のクラリオンガールだった女優のかたせ梨乃、最近ではキリンビールの飯島直子、東レの水着のキャンペーンガールだった山口智子など、ほかにも現在芸能界で活躍しているキャンペーンガール出身者はたいそう多いのだ。

ひと昔前までは、ミスコンテスト出身のモデルが多く、それなりの容姿のレベルを美人コンテストは保っていたのだけれども、最近ではそのレベルも低下しつつある。

なぜなら、新人モデル発掘の低年齢化で、ミスコンテストの出場資格年齢に達しているころには、ある程度の容姿の整った美女はみなモデルになっているのである。



このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。